2008年08月23日

にゃんこ受難

さいきんにゃんこ先生はお気に入りの段ボール箱のなかでずっとねていました。
昨日夜遅くに帰ってきてやっぱりずっと箱の中でねているので、
つれないいなぁ〜えいっとだっこしたら「ぎゃー」と高い声で鳴く。
おしりにかまれたような大きな穴があいていて、膿んでいます。
いつのまにこんなに膿んでいたのか。

さっそく今朝一番に獣医さんへ。
車がだいきらいなので、よわーい声でなきます。
待合室でわんぱくトイプードルに愛想振りまかれて
いっぱいいっぱい。
診察台ではおなかぎゅうぎゅう押されて、
膿んだ穴には針でつつかれる...
起きている事がもうじぶんのキャパを越えてしまったのか
先生と看護士さんの目の前で漏らしたり(笑)

そうしてしばらく入院となりました。どろーん。
膿んでいるところはかまれたのではなく、
内側から化膿したものではないか?とのこと。
人間で云うところの痔瘻みたいなの?

そして、膀胱炎も発覚。どろろーん。

でもまぁどっちも抗生物質投与の治療なので、
一度に両方直せるのだそうです。

さっき先生に様子をうかがう電話をかけたら
しょんぼりしててご飯をあんまり食べていないそうです。
あんなに豪食の彼女がそんなに凹んでいるかと思うと切ないです。
結構元気だからといってほったらかしすぎた事に反省。
全力で早く治るように気をおくっています。
にゃんこファンのみなさま「気」よろしくおねがいします。

posted by akirika at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のにゃんこ先生
Powered by さくらのブログ (C) 2008 AKIRIKA All Rights Reserved