2009年12月29日

堂々めぐる

落ち着いた光の代官山を抜けて
ひらひらと女の子たちが宙に浮いている渋谷を急ぎ足で抜け
平然とした普段の顔の母親たちが忙しく用事をすませる富ヶ谷で我に返り
年末の代々木八幡に居場所はなかった。

森が呼んでいる。

明治神宮はハレの日の準備で慌ただしく
私は木々の隙間に紛れ込むように逃げ込む

..................

杣(そま)とは森に対する古い名称のことである。
杣にはあまたの径(みち)があるが森のなかで草木に覆われて見えなくなってしまっている。
草木に覆われた森の道はどの杣径も離れた別の経路を走り、それぞれが違う径である。
しかし、そのそれぞれの杣径は同じ森のなかを走る道なのである。
森のそのひとつの径に彷徨ったとき、偉大なる森全体の意識を全神経で感じるべく神経を尖らせる。
そしてそのことによって森の源泉を知る事になる。

...

森1.jpg


つかの間、自分だけの今日の森に彷徨い
どんな顔も持ちたがらない西新宿へ。

...

これらの径の心得があるのは、杣人たちであり森番たちである。
杣径を辿り径に迷うとはどういうことであるのか、
熟知しているのは彼らなのである。

ハイデッガー Holzwege より


...

彷徨った径ですれちがった景色
それらはすべてそれぞれの日常で、つつましやかな営み。

...

努めなければならないのは、自分を完成することだ。
試みなければならないのは、山野のあいだに、ぽつりぽつりと光っているあのともしびたちと、心を通じ合うことだ。

サンテクジュペリ「人間の土地」より



森5.jpg
posted by akirika at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々
Powered by さくらのブログ (C) 2008 AKIRIKA All Rights Reserved