2011年03月21日

「our table」

いまわたしがそれぞれにおもっていること

our1.jpg


めのまえにあらわれているなにか


our2.jpg


それらのことを共有してみる。


our3.jpg


それぞれのちっちゃな机をくっつけて、そのうえにだしてみる。


our4.jpg


あたたかなたべものやのみものを囲みながら。


our5.jpg


気になるものはてにとってみる。


our6.jpg


考えやひらめいたことを出しあってみる。


our7.jpg


そして、それをひとりひとりがすきなようにもってかえる。




そんなこころみをはじめてみようと思います。


「our table」

まずは3月22日(火)路地と人 で 20:00ごろから
場所はこちら


。。。。

ふくしまの友人は、家は無事だったものの、原子力発電所から30キロ圏内に住む。
彼女は様々な選択を乗り越えて、親戚の家に避難を決意したそう。
飛行機に乗る前に電話がかかってきて少し話した。
いつも明るい彼女が「離れるとなったら、やっぱり後ろめたくて、もう帰って来れないんじゃないかって。このまま飛行機に乗っていいんだろうか。」と
その、お腹のそこからひとつぶひとつぶ絞り出す様な言葉の重み。
いまでも私の体から抜けない。


大丈夫、少し時間をおいたらかえってこれる。
そうしたら、ハーブをいっぱいうえて料理もしよう。
posted by akirika at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ
Powered by さくらのブログ (C) 2008 AKIRIKA All Rights Reserved