2008年08月24日

にゃんこ受難その2

お見舞いにいってきました。
彼女はやはり完全に凹んでいました。


にゃんこ入院2.JPG

私たちの声を聞いておき上がって鳴く(怒る)


にゃんこ入院1.JPG

なでてやると猛烈に喜び、ご飯を食べ始めました。


お尻の化膿を根気よく洗浄しながら、壊死した肉をはがしてゆく今回の治療。
出来るだけ無駄なことをせず、にゃんこ治癒力を助けながら
治してゆくという治療方針。
お世話になっている獣医さんは知人に紹介してもらったのですが
信頼できる先生です。
いつも患者さんでいっぱいですが、丁寧に触診も欠かしません。

私はというと、引き続き気をおくっております。

posted by akirika at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のにゃんこ先生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18337079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ (C) 2008 AKIRIKA All Rights Reserved