2011年06月30日

かれいざわ手芸部

かれいざわでお部屋を借りているお宅のみいおばあちゃんのお部屋のちゃぶ台の上にはいつも裁縫道具があります。
青森に来てインタビューしていると、手の仕事が日常生活のなかにちゃんと息づいている事をいろんな人のお話から感じています。

そのことは、外からやってきた私にとって、とっても豊かで魅力的なこと、
それをもっと身近に感じたくて、かれいざわのおばあちゃんたちと手芸部を結成しました。

s_0629_1.jpg

家にあるはぎれを持ち寄って、パッチワークを始めました。

s_0629_3.jpg

おばあちゃんたちの縫い物の手さばきは、素早くて、とても丁寧で、そして創造的。
端切れを合わせるのも、色のバランスや、大きさ、糸のいろも楽しみながら、布を縫い合わせていきました。

s_0629_2.jpg

s_0629_3.jpg

s_0629_4.jpg

アーティストの多田くんものぞきにきてくれました。


私も縫い物大好きなのですが、おばあちゃんたちのクオリティの高さに四苦八苦。
いや、どこまでもついていきます!

ということで、今回はまちあるきのための旗を制作。

かれいざわ手芸部、次回は7月6日水曜日の午前10時から、旧王魚余沢小学校の教室でやります。
みなさまぜひ遊びにきてくださいね。


0702_0.jpg



posted by akirika at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 王魚余沢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46498905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ (C) 2008 AKIRIKA All Rights Reserved