2012年01月29日

一遍聖絵

jidaiL047.jpg

img_1360647_38426581_7.jpeg

ここのところ、民族映像研究所のアチックフォーラムに通っていて、隔週で土曜日、所長の姫田さんによるドキュメントフィルムの定期上映会。
今回は『中世の躍動「一遍聖絵」を読む』の3つの映像をみてきました。

45分3本みたけど、その長さがまた、とても大事で、今まであまり興味を持っていなかったのだけど、聖絵自体がこの時代の記録物になっていて、細かい描写とひとつの画面のなかにある様々な情報、映像で考えたら30分とか1時間くらいの情報量がある。
それらの情報としての絵画をくわしく読み解く事で、時代の中の様々な境界線が浮かんでくる。
私が感じた事は、一遍上人とは、アクティビストで、聖絵とはそのアクティビストと、その背景の社会や政治、文化も含めた記録、つまりメディアだということを、姫田さんが感知し、この3本のドキュメンタリーフィルムで年数をかけてしつこく撮ったのだと。
つまり、この映像自体もまた、聖絵と描かれた土地と人との関係背を描いた絵巻物のような映像なのではないかと感じました。

座談会の途中で、「秘境」とかいう言葉は街から見た一方的な言葉だからできるだけ使わないよう気をつけている、とおっしゃった。
例えば「限界集落」なんて表現完全に一方向からの見方だ、私たちはそこに陥ってはいけないと。
最近私はそんな風に陥ってしまう状況を「誤訳」と言ったりしてみてるのだけど、帰り際に、その事をある方にお話ししていると
「それは田舎出の人間のコンプレックスじゃないの?」と。
そう考える考え方もあるかもしれない、たしかに。
しかし、私自身がそのコンプレックスを持っているというよりも、コンプレックスを持っている人と出会ってしまったと言ったほうが正しいかもしれない。
田舎と呼ばれる地域の人が都市と呼ばれる土地の事のことや地域に住んでいる人のことを羨み、
都市と呼ばれる地域の人が田舎と呼ばれる土地の事のことや地域に住んでいる人のことを憧れる。

とある地域において、アートプロジェクトが成されるときに、アーティストがきて地元の人はこんなに喜びましたという評価が
なにを評価しているのか、よくわからなくて、その表現と「秘境」という表現は似ている気がする。
アートについても、そこの土地の地域性についても批評していないと思うのだ。
現場では、衝突と理解を繰り返して、創り造るという現象と関係性は発生している。そこをちゃんと見る人が云わないと、現場に居合せない人は、異郷を秘境と誤読してしまうんじゃないだろうか?
そうして神話にして、美しいだけの話にしてしまっても、なんだかつまらないのだ。

私にとっては一遍上人がどんなに暴れん坊で、どたんばどんでん返しだったのか、という話のほうが魅力的だし、最高の教えだとおもってしまうのだ。

もっと一遍さんと聖絵のこと調べてみよう。

colum_pic4-4.jpg



posted by akirika at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心事

2009年06月14日

記号 言葉 祝詞 空間

『みこともち』をする人がこの言葉を唱えると、
最初にその『みこと』をと発した神と同格になり、さらにまた、 時間において最初それが唱えられた時と同じ「時」となる。
つまり、空間において、最初にそれが唱えられた処と同じ 「場処」となるのである。


※『みこともち』 
神言の伝達者、またはそれが転じてその「みこともち」が「みこと」を唱えること。

折口信夫「祝詞の発生」より。

。。。。。


言葉という祝詞の前にたたずむ

新国誠一の《具体詩》詩と美術のあいだに

目の前に広がる、記号の空間。


言葉とは空間を満たし、そこを操る存在なのだろう。

先日初めてオイリュトミーを経験したときに感じた宇宙的な空間を思い出した。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

夜ongoing。
現在開催中の接続解除のゲストトーク。
ゲストスピーカーは針生一郎氏 

氏は冒頭に昼間見た新国誠一の具体詩に触れる。
そこからChim↑pomのピカッの問題、そして開催中の接続解除へ。
記号を言葉に変換しそれらは祝詞となってその時間だけの空間を発生させる。

haryu1.jpg



他者の居ない社会の リアリティのない現実に 浮遊する記号


都市のビオトープ3.jpg



「自分で考えろ」
トークの最後、氏の鋭い眼により力が入り
言い放った言葉は、今の私のツボに絶妙にリンクしていて心地よかった。

。。。。。。。。。。。。。。。。

会場でばったり久しぶりに画家の上野慶一さんに遭遇。

彼は自身の制作活動を「ダウンジング」と云い、私は「堂々めぐり」と云う
その差異を心地よく思ったことを懐かしく思い出しながら、針生氏のトークを軸に今の互いの視点をかわす夕餉。

自分自身のわけのわからないロジックを引き当てていく行為
何を道具とし、自我を何処に向かわせるのか。

その道具を信じてダウンジング/堂々めぐりを貫くこと。
それが表現の自由の責任というものだろう。

。。。

表現に対して批難されること、それは表現を他者に向けて発信する手法を持つ者にとってはさけられないことだし、それはある意味芸術が信じられていることの現われだとも思う。
それをふまえたうえで、謝罪したChim↑pom、対話した蔡國強氏はそれぞれにそれぞれから発せられる記号→祝詞ととらえてみるのはどうだろうか。。。。

それは他者を巻き込む空間にならざるを得ない。





posted by akirika at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心事

2008年07月19日

第3金曜日は....

円盤であいましょう。

まくら.jpg

ということで、昨夜は上野茂都さんの円盤月例会へ。
5年間ずっと毎月おこなっている定例会。
今月のお題は「夏季ニ・汗カキ・書キ送ル夜」
後半はいつものお話、今回は「ペルセウス外伝・ダナイデス」でした。
ライブが終わってだらだら話しながら5月の渋谷O-nest円盤ジャンボリーのDVDを見る。
パジャマすがたの上野さん、実は前日まで入院していたのだそうです。
退院した後にもらったのがコレ。
http://akirikadaily.sblo.jp/article/15144214.html


上野さんのライブの様子はYou tubeでも見られるそうです。

上野さんのサイトは右のリンク欄にある
The Shige Times からどうぞ〜
posted by akirika at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心事

2008年07月04日

電子工作

師匠の指南書を頼りに組み立てました。
太陽電池で光ります。暗くなると光り出します。
実験でやっと出来上がって見事に光ったのでうれしくってつい...

これをまた工夫してあんなことこんなこと、やってみたい事はいっぱいあるけど.....
いまのところ指南書通りに組み立てるのが精一杯。

はぁ.....がんばろー


LED.jpg
posted by akirika at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心事

2008年06月22日

夏至まつり

うちの近くに自主学校という方法をとった
文字通りインディペンデントな学校があります。

今日は夕方からその学校の生徒達によるお芝居をみてきました。

『第四回 遊 夏至まつり ややこしや The Comedy of errores』


夏至祭.JPG


続きを読む
posted by akirika at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心事

2008年05月30日

道祖神と庚申塔

八日目の蝉に出てくる景色が懐かしくて小豆島の写真を眺める。
そしたらだんだん懐かしさよりも道祖神と庚申塔の違いがわからなくて、はっきりさせたくなりネットや本をむさぼり読みながら時間を放浪する。
本当はもっとやらなきゃいけないことあるって時にかぎってこういうのにはまる。。

続きを読む
posted by akirika at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 関心事
Powered by さくらのブログ (C) 2008 AKIRIKA All Rights Reserved